本格的に抜け毛の量が増えてきたのは産後3カ月が過ぎた頃

私の産後の抜け毛の体験談


29歳と33歳の時に出産を経験しました。

どちらの出産後も抜け毛の症状に大変悩まさせました。

産後は抜け毛が増えるという情報は知っていましたのである程度覚悟は出来ていたのですがいざ目の当たりにするとかなりの精神的にストレスです。

1番はじめに気になり始めたのは産後1ヵ月経った頃のこと。

何となく今までよりも床に落ちた自分の髪の毛が目に付くようになりました。

これが産後の抜け毛か、噂には聞いていたけど思った程ではないなぁ、と言うのが感想。

しかし本格的に抜け毛の量が増えてきたのは産後3カ月が過ぎた頃です。

部屋中の至る所に髪の毛が落ちています。

床の上、枕元、自分の肩の上、抱っこしている赤ちゃんの指の間や首の隙間にも。

お風呂で髪を洗えば指の間にごっそりと抜けた毛が絡み付き、あんなに抜けた直後なのにドライヤーを使うとまた大量に抜けた髪が指に絡まるのです。

どんなに気を付けていても料理に髪の毛が混入してしまうこともあり軽くノイローゼになりそうでした。

ひとり目の子を出産する時、産後は自分の髪をゆっくり乾かす時間もないと聞いた事がありショートヘアにしました。

しかしこれは間違いだったかなと思います。

髪をまとめることが出来れば部屋中に落ちる抜け毛をある程度抑える事が出来るのですがショートヘアだとそうもいかないので部屋中に髪をばら撒きながら生活していました。

そういう訳でふたり目の出産時には髪を結べる程度の長さを残しておきました。

また、出産前の時間に余裕がある時期におしゃれなまとめ髪の作り方を練習しておくと気分転換になりますし、産後なかなか美容室にいけなくてもみっともない状態をカバーすることが出来たので非常に良かったです。

おしゃれなヘアアクセサリーを集めるのもおすすめで、特にターバンは薄くなった生え際や分け目を隠してくれるので産後にかなり重宝しました。

また、抜けるのはどうしても仕方が無いので新しく生えてくる髪の毛の為に食事の栄養バランスに気を付けました。

それと、抜け毛だけではなく全体的に髪のパサつきなどが気になるようになったので評判の良いシャンプーをママ友などから情報収集して使用し、出来る範囲のケアをして過ごしました。

あとは産後に実行するのは難しいことですが、なるべく睡眠時間を確保するように心掛けて、尚且つストレスを貯めないことだと思います。

私は主人からの「抜け毛凄いね」のひと言に結構ショックを受けました。

男の人は産前産後の体の変化に対する情報を殆ど持っていなかったりするものなのであらかじめ伝えておくこともストレス回避の為に必要でしょう。


赤ら顔のせいで次第に性格も内向的になりました